« お姉ちゃんだった頃 | トップページ | らりりちゃん »

10年前

ポルノ10thライヴサーキット、2日予約しました。
行けるかなぁ、2日とも。

で、当落確認は?

11/13(木)からね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?

FCUW3当日じゃん!!

やばっ!
当日は浮かれて忘れないようにしなくちゃ!
もちろん、13日に引き換えなくたっていいのだけど。
やっぱ、当選してるなら一刻も早くチケット確認したいよね。
でも、
すっごく後ろだったらどうしよう?
ライヴ前にテンション下がっちゃうなぁ。


さて今日は、ポルノでもゆめでもないお話。

だって、彼の命日ですから。

10年前の今日。
つまり1998年11月1日の日曜日、私はその翌日と連休を取っていました。
その彼のレースを生放送で見て、翌日はその余韻に浸るために仕事を休んでたの。
その彼の名は

サイレンススズカ 。

知ってる人もいるかな?
競走馬です。

今は全然だけど、その頃ダンナの影響で競馬にハマってた。
とはいえ、もともとギャンブルには向かないタイプ(100円単位でしか買わないし^^;)の私は、
馬の方に興味を持ったのね。
また、当時は函館に住んでて競馬場も近かったから、よく週末出かけてたし。

前の年の「天皇賞」という大きいレースで、めちゃくちゃスタートダッシュして後続馬をどんどん引き離す姿を見て一目惚れしました。結局そのレースは負けちゃったのだけど、あのドキドキワクワク感は強烈でした。
「この馬をずっと応援しよう」と初めて思わせた馬でした。

翌年、つまり1998年に入ってからはまさに快進撃。
気づくと、あの武豊が主戦騎手になって負けなしの6連勝!
一躍大きいレースでも大本命の馬になったんです。
そりゃあ、もう毎回レースが楽しみで仕方がなかった。

そして、迎えた11月1日「天皇賞」。
私が惚れたあのレースから1年。
前年とは違ってもう誰もが勝つに違いないと予想する1番人気。
もちろん武豊騎手が乗ります。
そりゃあ、テンションも上がって翌日まで休みとっちゃいますよ。
本当なら東京競馬場まで行きたい気分だけど、さすがにそこまではね。
それに、いずれ北海道の競馬場にも来てくれるだろうと思っていたし、勝つ瞬間をじっくり見るならTVが一番だし。
例によって、TV録画しながらTV観戦!
そして、いよいよドキドキのレースがスタート!

・・・・・・・・・・・・・・・

が、スズカはゴールすることはありませんでした。
他の馬たちが続々ゴールするずっと奥、最後の直線手前で足を引きずる姿。
今でも、目に焼きついて離れない。

放送時間ギリギリに見たのは馬運車へヨロヨロと向かう姿でした。

その後どうなったのかが心配で心配で、チャンネルを色々変えていたら夕方のニュースで

「サイレンススズカ 左手根骨粉砕骨折 安楽死処分・・・」と。

信じられませんでした・・・・
悲しいかな、録画までして。
翌日は本当に泣いて過ごしました。
休みで良かったのは、たぶん仕事にならなかったんじゃないかと思うから。


たかが馬というかもしれません。

でも、私にとってはある意味人間以上に特別な存在でした。

年明けて、生まれ故郷の日高の牧場にお墓参りに行きました。
りっぱなお墓でたくさんの花束が供えられていました。

そして、ポルノデビュー直前の7月千葉に引越しました。
東京競馬場に何度か通いました。
1年早く引越して来たら、きっとスズカあなたに会えたのに・・・。


もうあれから10年。
私もまたスズカも眠る北海道に帰ってきたし、母にもなったし。
今では、競馬ほとんど見てない私だけど、
サイレンススズカ という馬が居たことだけは忘れたくないし、忘れて欲しくない。


娘が11/1じゃなく1/11生まれってのも、何か少しは縁があるんじゃないかと思ったりなんかして・・

|

« お姉ちゃんだった頃 | トップページ | らりりちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22473/24908419

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前:

» 11.1 [全てはGod Knows...]
本日は2008年11月1日。 一般の方には馴染みの無い日かもしれまんせんが、競馬ファンにとっては特別な日です。 10年前の今日、誰よりも速く、... [続きを読む]

受信: 2008/11/01 06:07

« お姉ちゃんだった頃 | トップページ | らりりちゃん »